2017年01月30日

みち糸のこと

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

織り機にかけると、どうしても残るたての糸
ぎりぎりまで織るけれど・・・

手紡ぎ糸や高価な糸を使って織る時
みち糸(導きいと?)を使うことは
いい面と、そうでない面があって
迷います
でも結んだ糸が外れると
もうくじけてしまいます
それに同じ筬、同じ通しでないと意味がないわけです

そんなみち糸までデザインにする動きが・・・
スピナッツNO95 清野工房のウールの房部分
CIMG2134 (2).JPG

このみち糸を使う考え方はおそらく
糸を大切に思う清野工房の考え方でしょう

東京手織り機で紡ぎを習った折り
みち糸についての質問に
「つないでいる時間に糸は紡げるからね」
という答えがありました

しばらく何十年もそうだな、と思っていましたが
広幅のホームスパンの糸がたまりきって
そうか〜

1mの糸も残さず織り上げるっていうのも
一度経験してみたい
・・・気もします

読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





posted by Rieko Kameyama at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 織りと染め/weave & dye | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウールの藍染で気を付けること

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

何十年かこの仕事をしていて・・・
ウールの藍染にはいろいろ失敗があります
ウールを本藍で染めたことはなく
あくまでもインド藍とインジゴで染めた、の限定です

染めてみて
日がたつにつれ余剰染料が繊維の表面に出てくる感じ

これはウールに顕著で濃く染めたマフラー
首が薄青くなってしまい・・・
泣く〜
これはあるウールの染色本に載っていた方法で
インジゴピュアを使い加熱する方法でした
濃い色が欲しかったので染め重ね、
糸の表面に付いた余剰染料も多かったことが原因と思います
ウールは洗いすぎるとフェルト化するため
その他の繊維のような扱いができないためでした

もう一つ試したのは
インド藍を硫酸で建てる方法
薄く染まった水色の原毛はなかなかきれいな色でしたが
後にはちょっと黄ばんだように感じました
硫酸を使うこと、ステンレスのボールが腐食したことなど
気になることはありました

セーター用に紡いで編むと
前述のマフラーほどではありませんが
手や編み棒に色がうつりました
着ていて色落ちが気になるようなことはなかったので
よく着るお気に入りのセーターでした

なぜ本藍で染めないのか?
ウールの脂が染液に影響するのが心配だから

またウールの藍染をするか?
薄く染めるか、染めた原毛をミックスする場合に限って
するかもね〜

ウールではなく木綿や麻を
すくもが数キロ保管してあるので
・・・いやもっとかな
CIMG2128 (2).JPG

以前のように春から秋まで
本藍を建て、育てるように染めるのもいいかな
木灰で灰汁をとり大きなバットで建てることになるので
ワークショップという形をとることも考えています

今やすくもも一人の購入量は○○sまで
とただし書きされる時代のようですね

読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





posted by Rieko Kameyama at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 藍染 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

アトリエ庭の恵みは黄色がいっぱい

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

数年前、アトリエの庭にユズの木を植えました
正確には「はなゆ」というもの
以前教室の生徒さんから「はなゆ」はすぐに実がなるし
仙台でも冬越しできる
と聞いて
何年も探していたものです

剪定を間違えずに手入れをすると
今年はこんなに!
CIMG2127 (2).JPG

ゆず味噌とユズ茶を作ろうかなと

氷点下で凍った部分もある
来年はもう少し早めに取りましょう

読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





posted by Rieko Kameyama at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アトリエ周り/round my atelier | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

東テキクラスメートからのお知らせはこんなDM

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

東京テキスタイルでの「桜井玲子造形演習」は
ただいまもスタジオAZとして継続中

1年間の成果を作品発表しています
テキスタイルに限らず、制作になやみがあったら
スタジオAZに参加することができるはずです
会場でぜひ聞いてみて

スタジオAZ
テキスタイルNOW・2017
2017 2/1(水)−6(月)休廊日5日(日)
11:00〜18:00 最終日13:00終了
会場:山脇ギャラリー 
  102−0074
   東京都千代田区九段南4−8−21
   03−3264−4027
CIMG2120 (2) - コピー.JPG

CIMG2121 (2).JPG

東テキ時代のノートを見る機会があった
以下は私の自主卒業にあたっての桜井先生の言葉
2004 1月6日
@孤独に耐える→自分で決断してやっていく
A「自分らしさ」をゆるがさない
作ったものが評価されなくてもつくり続ける


DMを送ってくれたU田さん
クラフト展を見てくれたそう
ありがとう

読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





posted by Rieko Kameyama at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ/information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

ちょっとだけ織ってみると、こんな

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

初めての織り機エクサベック
プチアトリエで織っていただく前に
ちょっとだけ確認のため織ってみます
CIMG2122 (2).JPG

く〜かわいい!
スウェーデンの織の雑誌VAVに乗っていたパターンの一部
地の色とパターンの色を選んで
自分だけのクロスを織って下さいね!

慣れるまでは平織をしばし・・・
パターンは1列でもOKです
機がけコースで織ってみたい方、いらっしゃいますか?

読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





posted by Rieko Kameyama at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 織り機と道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

スウェーデン大型機、微調整の日々

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

スウェーデン大型機エクサベック・ウッラシルス機
ブログを見てくださっているeriさんのおかげで
リングのタイアップの手順が違っていたことがわかり
何とか8枚綜絖、8本踏み木のつなぎが終わりました
つまり8×8=64か所のつなぎをしたということ

奥から攻めるか、左から攻めるか?
織り機が大きいので中に入っての作業は小型機よりはやりやすいでしょうか
その上ウッラシルス機はリングによるタイアップで
私が持っている天秤式のアンカーペグを使った方式より
数段楽ちん!!!
のはず・・・
とはいえ、かがんだ状態でゼロからのタイアップは結構大変でした
CIMG2119 (2).JPG

経糸もこのような状態になって
CIMG2118 (2).JPG

踏み木を踏んでみます
開口はすっきりでさすが
ですが重い→要所要所にミシン油を注入

織ってみました→杼が経糸をすくってきれいに織れない→筬づかの移動
なお修正できない→綜絖の釣りを下げる・上ラムを上げる

など調整
おかげさまで無事織り出発できそうです〜

読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





posted by Rieko Kameyama at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 織り機と道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

吉野織り・2度目でこんなにできた!

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

雪の被害が出ているとのニュース
仙台は降っていてもそれほどの積雪ではありません
昨日アトリエに着いて、1度雪かきしたくらいです

先週の手ぶらで手織り「プチアトリエコース」
2度目のレッスンが吉野織り、となったSさん
テーブルが黒なので・・・赤の緯糸を選びました

こんな市松模様ができます
CIMG2117 (2).JPG

平織の踏みのバリエーションなので
初心者の方でも間違えにくいのです〜

吉野織りはあとお一人分となりました

読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





posted by Rieko Kameyama at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ/information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

麻のワッフル織り・生徒作品

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

5枚綜絖のワッフルで織ったクロスが
織り機からおりました

お地味な色を選ぶ方が多い中
ピンクやマゼンダが見えますね〜
CIMG2115 (2).JPG

三つ折り、まつり縫いで仕上げ
末永くおつかいくださいね〜

先週はあれもこれもしなければ〜で
頭がいっぱい・・・メモリーいっぱいでしたが
仕事をかき出し、整理して
プチアトリエの織り機の準備も
なんとか今週でめどが立ちそうです

月曜から教室のない週が始まったわけで
貴重な時間を使いこなす所存です〜

ブログの方も
近頃は皆様の応援が多く
高順位にキープ 
御礼申し上げます

さて今日も
読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





2017年01月23日

大きな織り機エクサベック、ここまできた!

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター

終了しました ご覧いただきました皆様ありがとうございました
日本クラフト展 1月8日ー15日 「ミルク色の朝」手紡ぎウールショール出品


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

昨年11月に当アトリエにやってきたスウェーデン製織り機エクサベック ウッラシルス機
機の部材の調整に時間がかかり
機がけは後回しだったため
やっと、やっと
ここまできました・・・といっても筬通し半分ですが
CIMG2113 (2).JPG

ナイロン綜絖は動きにくい!
そのため綜絖がぴんと張らないよう仕掛けをしました

ただいまの心配事は
筬づかを一人で持ち上げられない事😞

幅170センチほどあり
おもーい
その上織り機巾にぴったり過ぎて
ちょっとでも曲がるとはまらないのです

どれだけ正確か!!
遊びもいるのよね〜

でも織るまであと一息です

読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





posted by Rieko Kameyama at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 織りと染め/weave & dye | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

手織り布でベレーを作るぞ!の心

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター

終了しました ご覧いただきました皆様ありがとうございました
日本クラフト展 1月8日ー15日 「ミルク色の朝」手紡ぎウールショール出品


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

教室ではいろいろなお話が交錯し盛り上がります
先日、教室展の話を出したわたし
※教室展自体はまだ盛り上がらず未定
 前回は手織り生地のスツールとスリッパ・・・でした よかったですよ〜

何かポイントになるアイテムがないか?
と考えた中で
ベレー帽はいかが?
と提案

え〜できない!
という生徒さんには私が請け負います〜

・・・という流れがありました

そうこうするうち
「自分で作ってみたい!」という方がでてきました
私が持っているのはこの本
古ーいです
でもベレーから、ウエディングハットまで作れる
CIMG2112 (2).JPG

パーツは少ないけれど
全てが曲線なので、洋裁経験者ならOKね
難しそう〜というIさんに洋裁のプロKさんが
一緒に作ろうね〜とフォローの一言

素敵なベレーができますように!

読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





2017年01月21日

5枚綜絖ワッフル続々と、生徒作品

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター

終了しました ご覧いただきました皆様ありがとうございました
日本クラフト展 1月8日ー15日 「ミルク色の朝」手紡ぎウールショール出品


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

4枚綜絖ではちょっと物足りない〜
との声を受けかけたのは
ワッフル織・5枚綜絖

プチアトリエの生徒さんに混じって
機がけコースの方も続々参戦!

こちらは織りを初めて4回目のSさんの手元
CIMG2111 (2).JPG

好きな色で、って言っても
結構シックな色で織る方が多かったですね

織り機をもたなくても
「手織りライフ」を満喫できます
プチアトリエでお待ちしています

読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





2017年01月20日

上達は急にやってくる?

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター

終了しました ご覧いただきました皆様ありがとうございました
日本クラフト展 1月8日ー15日 「ミルク色の朝」手紡ぎウールショール出品


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

プチアトリエで織り始めて3回目のIさん
吉野織りのランチョンマットに取り組んでもらいました
織り始めはなんかうまくいかない感じ

織る様子をじっくり拝見すると
椅子が織り機の真ん中になっていない
からだが織り機から離れている
など、とっても織りにくそう・・・

この二つを直していただくと・・・
織りやすいばかりか、こんなにきれいに織れるようになりました〜〜
CIMG2108 (2).JPG

打ち込みがそろい
模様がはっきり並んでいますね

上達がやってきたかんじ!
良かったですね

読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





2017年01月19日

教室で人気のスヌード、二重巻きでこんな感じ

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター

終了しました ご覧いただきました皆様ありがとうございました
日本クラフト展 1月8日ー15日 「ミルク色の朝」手紡ぎウールショール出品


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

手ぶらで手織り”プチアトリエ”
入会後2度目の作品がこちら
CIMG2110 (2).JPG

段染めのループ糸を選んだSさん
とても2度目の作品とは思えない出来栄えですね〜

Sさんが参加している
”プチアトリエ”は
曜日によって空きがあります
お問い合わせお待ちしています


読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





2017年01月18日

小さな手織りハンカチ・生徒作品

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター

終了しました ご覧いただきました皆様ありがとうございました
日本クラフト展 1月8日ー15日 「ミルク色の朝」手紡ぎウールショール出品


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

自分で設計「機がけコース」で長く織りを楽しんでいるF城さん
たくさん織った手織りのハンカチのうち
手元に残った2枚を見せてもらいました〜
CIMG2106 (2).JPG

出来上がり25センチほどの織りやすく、使いやすいサイズ
このほかにも6枚ほど織って
プレゼントにしたそうです

「全部色を変えて織ったので、とても楽しかったです〜」
とF城さん

オーガニックコットンを使ってのハンカチですので
ほんわり、やわらかな使いごこち

平織なのでリジッド織機でも織ることができますね
柔らかめの糸を使って織ってみてください

読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





2017年01月17日

織りやすくなったシャトルの工夫はこんな!

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター

終了しました ご覧いただきました皆様ありがとうございました
日本クラフト展 1月8日ー15日 「ミルク色の朝」手紡ぎウールショール出品


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

自分で織っていた時は問題は見えなかったのですが
シャトルにセットした小管が
切り欠きに引っかかって織りにくいことがあるんですね

紙の小管で、金属製(スウェーデン製)の管巻器を使うと
小管が細くなるため・・・と判明

そこで切り欠きに引っかからないよう
丸く切ったフェルトを入れてみました
CIMG2101 (2).JPG

解決〜です
ちっちゃいことですが
(つむが太めの糸巻き器を使っている方は問題ないと思います)

やっている方もいらっしゃるかも〜

読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





posted by Rieko Kameyama at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 織り機と道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

糸の選び方も技術のうちね〜

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター

終了しました ご覧いただきました皆様ありがとうございました
日本クラフト展 1月8日ー15日 「ミルク色の朝」手紡ぎウールショール出品


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

糸の選び方、なかなか難しいですね
安かったから、と取り寄せてみると
細すぎる〜
福袋を買ったら、中身が全く同じ〜
とか聞きます👂

でも細すぎるのは、何本かより合わせて使えます、ホッ🎵

今回教室でおすすめしたウールがこちら
CIMG2105 (2).JPG

程よい太さ、毛羽立ちが少ない梳毛、ディープなカラー+ペールトーン

縮絨して仕上げるウールの糸は
手編み用の糸は基本的には使いません
ウールのスケイン(うろこ)が薬品処理でなくされていて縮まないので
縮絨には向かないのです

注文された皆様
糸が届きましたのでお知らせです

読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





posted by Rieko Kameyama at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 素材/material | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

プレゼントソックスはこんなやさしい色

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター

new!
日本クラフト展 1月8日ー15日 「ミルク色の朝」手紡ぎウールショール出品


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

年末に出した喪中の葉書
友人たちがそれぞれに悲しみを分かち合ってくれました

すぐに電話をくれた人
日をおいて連絡をくれた人
線香やお花を届けてくれた人
手紙をくれた人
そっとしておいてくれてる人

そんな中
Sちゃんはソックスを編んでくれました
CIMG2102 (2).JPG

これがopalの糸なんですね〜
ペールトーンのやさしい色です

みんな〜ありがとう!
読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





posted by Rieko Kameyama at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと/dayly life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

日本クラフト展、展示の様子はこんなです

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター

new!
日本クラフト展 1月8日ー15日 「ミルク色の朝」手紡ぎウールショール出品


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

日本クラフト展に友人が見に行ってくれました
展示の写真を送ってくれたのでアップしますね
DSC05926.jpg

まわりにはほかの作品が並んでいますが
許可をいただいてはいないのでトリミングしています

触ってみたいアイテムは係に声をかけてね!

この生成りの手紡ぎ手織りショール「ミルク色の朝」は
カシミア40% ラム60%
使っているうちにもっとほんわかしてくると踏んでいます
朝、こんなショールにくるまれて暖かい飲み物を飲みた〜い
というコンセプト

明日1月15日までの展示
殆どの作品は購入可能
今年は、作家リストがあって
希望者はそちらから直接購入となっています

読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





posted by Rieko Kameyama at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 織りと染め/weave & dye | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

スヌード出来上がり!生徒作品

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター

new!
日本クラフト展 1月8日ー15日 「ミルク色の朝」手紡ぎウールショール出品


iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

手ぶらで手織り”プチアトリエ”コースで
織っていただいていたほんわかスヌード

Dさんがさっそく首に巻いて教室へ
CIMG2098 (2).JPG

「ふわふわで暖かいです〜
 ずっと巻いてます!」
と二重まきにして暖かさを実感です

プチアトリエでは種類の異なる織り機に
それぞれぴったりの糸とアイテムを準備して
生徒さんは”織る”に徹してもらいます

このスヌードも
慣れた方でも扱いにくい、超細番手のウールを経糸に使用しています
整経〜機がけまでの繊細な工程は
私カメヤマが一手に引き受けております

日程によっては
プチアトリエのお席がございます
「平織でたくさん織ってるの」という方こそ
プチアトリエで織りの醍醐味を実感してください

ご参加お申込みお待ちしています

上がったり下がったりの順位に生徒さんもドキドキだそう
読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





2017年01月12日

北欧の織り機、ナイロン綜絖は切るべき?

↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
ツイッター

iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
=======================

おばあちゃんちみたい! レトロなアトリエで手織り教室
作品はハイセンス〜モダンを目指すリエコカメヤマです

スウェーデン製織り機エクサベック
やすりをかけているばかりでは進まないので
機がけに進みました
綜絖通しまでいきました〜
CIMG2099 (2).JPG
でも綜絖が滑らず、やりにくいったらない!
ナイロン綜絖を切らない計画はボツ

やっぱり切らないとだめね
パッツンと切りました
CIMG2096 (2).JPG

綜絖枠があるタイプの織機なら
金綜絖で、チャラチャラさせながら移動ができるのですが
ナイロン綜絖は滑りませんから仕方ない

1歩づつ進んでいます

今年の教室は
生徒さんのケガ、お孫さんの発熱、風邪などなどで
初日のレッスンにいらっしゃれなかった方が続出
皆さま、どうぞお大事に
教室でお待ちしていますね〜

元気でいたい人
読んでいただいた印に毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する
r-kame@mrj.biglobe.ne.jp ← メールでもどうぞ
  
講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら





posted by Rieko Kameyama at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 織り機と道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする