2018年10月04日

機がけコースの皆さまへ業務連絡 & 布染と”糸を染める”はとっても違う、を感じるとき 


↓↓ クリックでそのぺ―ジに飛びます
“プチアトリエ”教室の作品 | 教室案内| よくある質問 | リエコカメヤマ作品
リエコのツイッター

インスタはこちら☆


工芸都市高岡2018クラフト展 入選 ➡こちら
終了しました ありがとうございました



iichi のショップはこちら★プロフィールページの写真追加しました
手織りマフラー、お気に入りにされました
=======================



こんにちは! 
リエコカメヤマです

インスタを始めました➡こちら☆


機がけコースの皆さまへ業務連絡

お知らせしておりましたが
「教室参加のしおり」の内容が変更されました
10月の第1回目の教室で読み合わせを致します

できるだけお休みせず開始時間にいらしてください
お待ちしています



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

・・・・さて次の話題です



織り機をネットで購入したり
織り体験をへて
足つきの手軽な織り機を入手した方は
糸も染めたくなる!!
本格的にやってみたくなるものです

知人宅で出会った糸も
そんな情熱のしるしだったかもしれません

渋い色に染められたそれらの糸は
もう使わないから、といただいたものだそう

布染は
ハンカチを草木でそめたり
紅茶で染めたりは比較的手軽にできて楽しいですよね!

でも糸は・・・・?


そこにあった染め糸は
一見綛の状態にはなっているものの
かせを保っているひびろ糸が外され
糸口がみつからない
・・・とのこと


当教室でも
かせから糸を引き出す手順
染める準備のひびろ糸の取り替え
糸がからまない染め方、洗い方、干し方

滑りにくく
フェルト化しない、価格も安い木綿で
まずは化学染料でのレッスンから
としています

回り道に見えるかもしれませんが
ちっちゃなことが大切なんです

ひびろ糸ですか?
しろくみえているのがそうです

CIMG3990 (2).JPG


かせを作ってみることも大切かもしれません
手紡ぎレッスンの方には
必ず紡いだ糸をかせにしてもらいます

そんなこんなを積み重ねていくのが
当アトリエの教室です

いま織っている布はどうなんだろう
今の布をすこし、進ませたい
と感じている方

教室のドアをノックしてください




毎日プチっとクリック!ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村




教室ご入会は何月からでもOKです
教室へのお問い合わせはこちら→☆
電話番号 ご住所なども一緒にお知らせ下さい

生徒さんは
仙台市青葉区 泉区 太白区 宮城野区 亘理町 角田市 塩釜市 多賀城市 山形市 東根市 天童市 
福島市 盛岡市 一関市 岩手町 秋田市 札幌市 など 遠方からも



お問い合わせ
022−233−0360 ← 留守電にも対応
070−6497−1132 ← カメヤマに直接連絡する

講師リエコカメヤマはどんな人物か気になる方はこちらをクリック!

教室・出張レッスンなど 料金はこちら

生徒作品 てぶらで手織り”プチアトリエ”はこちら
     自分で設計”機がけコース”はこちら

リエコカメヤマの作品はこちら








posted by Rieko Kameyama at 08:00| Comment(0) | 素材/material | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする