2010年08月09日

いろいろある/some kind of problems

昨日は猛暑の中石巻のいぐねへ行ってきました
まず心配だったのはこの子たち
08080003.JPG
暑がっていたので日よけシートを巻いてきました

そしておそるおそる・・・
ジャジャーン
屋敷の庭に竹
08080001.JPG

電線にさわりそうなのでとにかく切る!
回りも刈払い機で草刈り↓
変化ないようにみえます?
08080007.JPG

田舎のことはここ何年もの懸案事項
春の終わり、畑を貸してもらえませんか?という話がありました

有機で使ってくれる人はいないかなあ、と考えていたところだったのですが
その方は、農薬は使ってないけど、肥料は化成肥料だね、と
全部有機肥料でやって、というのはひどい話なのかしら、もしかしたら・・・

客観的に見れば単なる草ぼうぼうの畑ですが、ここ数年は除草剤も他の農薬も化成肥料も使っていません
周りも解っていて、うちの敷地のドクダミや蓬を摘むのを喜ぶ人もいました
(私がかかわっていない時期はこれらは普通に使われていました)

そんなこちらの思いが専業農家にどう受け止められるのか・・・
悶々としていたところ、”ああ、あの人に相談してみよう”と思い立ちました
その人は
長年使ってきた肥料を変えるのは非常に難しいということ
地権者なのだから、貸すなら使い方に条件をつける権利はあるが、その理由は誠意をこめて説かなければならないと思う
など
なるほどね〜のお返事をいただきました ありがたかったです

畑を、自分たちが十分に活用できないままにするより使ってもらおう
肥料はお任せするとして、除草剤や殺虫剤はできるだけ使わないでほしいという気持ちを相手方に伝えました
最終的にはわかってもらえましたが
以前から不思議に思っていたのです
祖母を始め除草剤を使う人は、畑じゃなく道だから、畑の縁だから、といって使うのです 
土は繋がっているし、雨は川へ、そして海へ流れて行くのに
不思議・・・
昔祖母は、使うなというなら草取りしろ!と言ってました
なので刈払機の講習受けて刈ってます ちょっとづつだけどね

300年の古民家も納屋も、よい方法があれば活用したい(してもらいたい)、と考えています

超理想をいえば・・・うさん臭くなるので止めときま〜す!



【関連する記事】
posted by Rieko Kameyama at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 石巻いぐねと古民家300年/my hometown | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック