2011年05月18日

2ヶ月ぶりの石巻 after 2 months

 ↓↓クリックで飛びます
“プチアトリエ”の作品 | 教室| よくある質問 | Textile Rieko
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
3月11日からほぼ2ヶ月
やっと石巻へ行きました
色々な意味でいけなかった、とも言えます

成瀬川河口、野蒜が近づくと
映像での光景は本当だったんだ、とあらためて思いました


湾の形、地形などによって被害のあるなしがはっきりわかります
ここは水が来たんだね、ここは大丈夫だった・・・
矢本あたりはまだ田んぼに瓦礫の破片がテンテンと散らばっていました

そんな光景を窓から見ていて、いぐねのある地域へ入るとほっとします
まずお寺へ・・・
山全体に断層があったのかと思えるほどのひどいお墓の倒れ方
ちょうど積んでいたプルーシートで応急処置
石垣も崩れていました

石巻はいない石でも有名です
ですが河っぺりの石屋さんは皆被災して道具も流されたところが多く
お墓の修理を頼んでも皆待っている状況

自分の家は写真とってもいいでしょう・・・
門の左と05170014.JPG

05170015.JPG

瓦など目だった被害はないようです
風呂場のタイルが割れて大きな隙間
賞状が落ちてガラスの割れたのが2枚
納戸のふすまは塚石が外れたのか、敷居が下がって倒れていました

床に塗るつもりのヒバ油は倒れていてこんなに減りました
板にたっぷりしみこんだので無駄にはなりませんでしたが
05170002.JPG

収穫は花
05170022.JPG05170018.JPG

帰りは石巻駅近くの母の実家に寄りました
いとこが水が流れる様子をデジカメで見せてくれます
衣料品関係の店舗
泥のかき出しを友達が手伝ってくれたそう

祖父が商売を始めた橋通りは、まだ瓦礫が積まれたままで車も入れないとのこと
見には行きませんでした

連絡が取れない知人が何人かいる、と言っていた叔父と叔母
でも、久しぶりに話ができてよかった
帰りにはお土産をたくさん!もらっちゃいました

 

↓↓↓石巻は信号が点いてない交差点もまだある!でもがんばってる・・・ 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
【関連する記事】
posted by Rieko Kameyama at 12:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 石巻いぐねと古民家300年/my hometown | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっと石巻に足を運ばれたんですね。
2ヶ月たっても津波が押し寄せた地域はがれきの処理ができていないようです。
野蒜も鳴瀬川の河口から奥松島にかけてもっともっと酷い光景になります。(悲)
夫の大学も昨日入学式を迎えることができました。
これから・・・ですね。
Posted by なんちゃってエリザベス at 2011年05月23日 20:31
出発前に、車の中で「無事もどれますように」と手を合わせてしまいました。
今回私はひどいところはまだ見ていないと思います。
稲井の石きり場、石屋さんの通りは
当時本当に怖かっただろうと想像できます。
そうですね、これから。
(書き込み遅くなってしまいました)
韓国の糸巻き、ブログに載せました!
他にもいろいろ、ありがとうございました。
Posted by カメヤマ→なんちゃってエリザベスさん at 2011年05月26日 10:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック