2008年02月11日

鏡はいずこ/Where is a mirror?

しばらくぶりのロンドンの話 帰国までたどりつきたい...

ロンドン5日目 5h day in London 2007
London craft fair 053-bu.jpg
きのうから気になっているのは鏡
Mihoは割れないプラスチックの鏡2つもってきていて、マフラーを見るくらいなら大丈夫!

ところがジャケットやコートを着てみる人が「大きい鏡はどこ?」
ある人は懇意にしている作家のブースの鏡を目指して行ってしまいました

Miho warry about a mirror from yesterday.
She brought tow plastic mirror from Japan.It must be useful for small muffler to wear.
But when people wear jacket or overcoat,they ask "Mirror please."
One woman went her friend's booth and use a big mirror.


一週間ひとの鏡を使わせてもらうのはプロとしてできない と朝からホテル周辺で買える店がないか捜していたところ、Oxford Stまで出かける私とばったり会いました(
昨夜から「絶対あしたは鏡を買うぞー」とおたけびをあげてたらしい)

じゃあ、私も捜してくるとロンドン一の繁華街で、デパート、無印、(改装中の)マークス&スペンサーなどで聞いても売ってない・・・細道に入ってそれらしい店を捜すのだけど、ないんだこれが


She think she can't use other's furniture as a professional.I met her who is just looking for a mirror in the morning at the street.
"Well,I'll buy at Oxford st.."I said.I asked at depoertment
store,MUJI,M&S etc..But there is never never a mirror to sell.



遅れて入ったOrigin会場でミーティング Mihoのだんなさん”画伯"ー単なるニックネームですーが街へ捜しにいくことになりました(はじめてのおつかいだなあと言いながら)

I was late at Origin ,summerset house,we have a meeting.Miho's hasband "Gahaku-Mr,painter" -it's only his nickname,he is actually a novelist.-decides "Mirror hunt".

なかなか帰ってこない・・・
どこまで行ったんだろう・・・
He didn't back for a long time.
Where is he?

夕方やっと画伯が帰ってきた!大きな箱を持って!!!
バスで郊外のホームセンターみたいなところまでいったらしい(愛の力ありがとう)
箱を開けながら、大変なストーリーがこぼれました
In the evening he back with a fuge box.He went to a big sore in a suburbs by bus. (Thank you for the power of Love.)
During he open the box,a hard story spilled over.

バスに乗り込んできたおばあさんがこのありがたーい鏡の箱につまずいて足をいため、なんとしても画伯を許そうとしなかったというのです
「え,どうしたのー?」

On his way home ,a old lady hit this precious mirror box with her legs in a bus.She angry with him and never forgive him.
"Oh! what did you do?" asked Miho and I.

おばあさんが降りるバス停まで行き、痛がる足ににタイガーバーム(!)をぬってあげて無罪放免となったということでした
That grandmother bring him to her bus stop and get out of the
bus.And then,she let him dab her special medicine"Tiger balm"on her leg.At last she let him off!



London craft fair 085-bu.jpgおかげでMihoのブースにはりっぱな鏡が設置されたのです
写真は画伯撮影 ブースの中ほどに鏡がみえますか?
Then Miho get a nice mirror at her place.
Photo by Mr.Painter
Can you see a mirror,middle of her booth?

後日談:どうやって持って帰る?飛行機で預けたら絶対壊れるよ!よかったら預かってあげるよ 
休憩所でよく顔を合わせるヒトミさんが言ってくれてロンドンの彼女の家で来年まで休んでいますあの鏡は(Hitomiさんありがとう来年もいかなきゃね )

A sequel to the story:"How would she bring a mirror to Japan? It will be abusolutely broken at airplane." Hitomi said to me."May I keep in my house till nest year?" Hitomi is pottery artist lives in London.I often meet her at Cloakroom.
A mirror place in her closet.Thank you Hitomi,you are kind!
(Miho,you have to come Origin at 2008!)


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック